• <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>
  • <b id="icfck"><address id="icfck"></address></b>

  • <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>

    <b id="icfck"></b>
  • <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>
  • <b id="icfck"></b>

    株式會社フジクラ

    1. Home
    2. 企業情報
    3. 社長挨拶

    CORPORATE

    社長挨拶

    社長挨拶

     私たちは、1885年の創業以來、電線、ケーブルの研究、開発、製造で培ってきたつなぐテクノロジーを通じて、エネルギー、情報通信、エレクトロニクス、自動車電裝の4つの事業分野で高い信頼の製品、サービスをお客様にお屆けし、わが國ならびに世界中の國や地域の発展に寄與してまいりました。

    グローバル化の進展、低炭素?再生可能エネルギー社會への移行、新興國でのインフラの整備、Industry4.0, IoTによる情報通信量の増大、スマートカー?スマートホームの時代の到來など、私たちを取り巻く事業環境は、過去例を見ない速さで変化を続けています。このような大きな変化の中で、私たちフジクラグループは、5ヵ年中期経営計畫『2020中期経営計畫』を策定しました。この中期経営計畫は、2015中期経営計畫を基本的に踏襲しており、私たちがお客様の求める価値を的確に判斷し、それを提供することを通じて結果として高収益企業に変化することを目指す內容になっています。15中期でも取り組んできた機構、構造改革は手を緩めることなく推し進め、併せてグローバル顧客に密著した成長戦略を描いてまいります。また、特に新陳代謝の加速のために新規事業を創出し、そこへのリソースシフトを斷行し、新しい柱となる事業を立ち上げていきます。

    一方でステークホルダー、特に投資家の皆様から企業が社會的責任を果たすことを求める動きも強まっており、私たちフジクラグループも、コーポレートガバナンスを確立し、環境、社會側面での評価を高め、事業継続性を確固たるものにしていきたいと考えております。
    20中期経営計畫を通じてステークホルダーの皆様にさまざまな面で大きく成長したフジクラグループをお目にかけたいと思っておりますので、これまで同様にご支援を賜りましたら幸いです。

    PAGE TOP

    男女一边摸一边脱一边亲视频,日本熟妇熟色在线观看牛仔裤,把奶罩推上去直接吃奶头