• <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>
  • <b id="icfck"><address id="icfck"></address></b>

  • <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>

    <b id="icfck"></b>
  • <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>
  • <b id="icfck"></b>

    株式會社フジクラ

    1. Home
    2. ESG
    3. 化學物質管理

    ESG

    環境

    化學物質管理

    方針?ガイドライン

     フジクラおよび國內グループ會社では、環境管理活動指針にもとづき、製品原材料や製造工程で使用された化學物質のうち、PRTR法※で定められた取扱量1t以上の指定化學物質は、毎年各事業所より國に排出?移動量を屆け出ています。

    • PRTR法:特定化學物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律

    目標?実績

     フジクラおよび國內グループ會社は、環境管理活動指針において、PRTR物質の取扱量を削減する目標として、2019年度は「主要環境負荷物質の排出?移動量原単位(売上高當たり)を2015年度比で4%以上改善(年1%以上改善)」を掲げています。
     主な取り扱い物質であるアンチモンや鉛化合物、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)などはプラスチックやゴム材料の添加剤として使われます。また、キシレン、トルエンなどはインキ溶剤に使われ、運搬車輌用のガソリン等に含有しています。これらの化學物質の排出?移動量を削減する取り組みとして製品の非鉛化やエコ化、代替材料への転換を進めています。
     2019年度のフジクラおよび國內グループ會社での第1種指定化學物質の取扱量は268tで2015年度比69.4%削減、排出?移動量は17.8tで2015年度比47.2%削減しました。原単位は7.45t/億円で2015年度比40.5%改善となり目標を達成しました。主に、フタル酸ビス(2-エチルへキシル)含有の材料を代替材料へ転換の他、PRTR物質を含有する製品の生産量減少や生産終了等の要因で、取扱量および排出?移動量の削減となりました。

    PRTR法第1種指定化學物質の排出?移動量原単位の推移

          ※フジクラおよび國內グループ會社の合計値

    PAGE TOP

    男女一边摸一边脱一边亲视频,日本熟妇熟色在线观看牛仔裤,把奶罩推上去直接吃奶头