• <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>
  • <b id="icfck"><address id="icfck"></address></b>

  • <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>

    <b id="icfck"></b>
  • <u id="icfck"><small id="icfck"></small></u>
  • <b id="icfck"></b>

    株式會社フジクラ

    1. Home
    2. ESG
    3. 水リスクへの対応

    ESG

    環境

    水リスクへの対応

    水リスクに対する方針?指針

     フジクラグループは、水リスクに対応するため、環境長期ビジョン2050のチャレンジ項目として「工場の水使用の最小化と排水管理」を掲げています。工場の水使用の最小化については、「使わない、繰り返し使う、きれいにして自然にもどす」を合言葉に活動を進めています。排水管理については、國內製造拠點を対象に、最終排水升における「pH」「油分」「濁度」の常時監視システムの設置を推奨しています。
     また、環境長期ビジョン2050を受けた「環境管理指針5版」では、國內連結対象會社において、水使用原単位を前年度比1%以上削減の目標を掲げ、節水、循環利用、漏えい対策等を進めています。

    水リスク領域の把握とフジクラグループの事業展開との関連

     國連世界水アセスメント計畫(WWAP)は「世界水発展報告書2018(The United Nations World Water Development Report 2018)」のなかで、水を大きな自然環境の一部として捉える「自然を基盤とした解決策(Nature-based Solutions:NBS)」の重要性を改めて提唱した。NBSは、自然資源を活用する上で、自然環境全體との関わりを重視する考え方。例えば、水インフラ開発において、食料安全保障、農業、生物多様性、自然災害、気候変動、都市集落等、広範に渡る影響を考慮し、自然環境を再現する方法で開発を行うというものです。
     またWWAPは、國連食糧農業機関(FAO)のデータベース「AQUASTAT」をもとに2014年現在の人口一人當たりの水資源賦存量から水需給に関する逼迫の程度(=水ストレス※)を分析しています。
     2014年のデータでは、アフリカ、中國、インド、ヨーロッパなどで水リスクが高まっています。フジクラグループは、中國、インド、ヨーロッパに事業展開しており、今後、水リスクへの対応が必要だと認識しています。その対応としてフジクラグループの指針として、水使用量の削減を原単位目標(前年比1%以上削減)を掲げて活動しています。

    • 水ストレス:農業、工業、エネルギー及び環境に要する水資源量は年間一人當たり1,700m3とされ、利用可能な水の量が1,700m3を下回る場合は「水ストレス下にある」狀態、1,000m3を下回る場合は「水不足」の狀態、500m3を下回る場合は「絶対的な水不足」の狀態を表すとされている。

    水リスク領域

    國土交通省「平成28年版 日本の水資源の狀況 P106 第8章 水資源に関する國際的な取組」

    出典:國土交通省「平成28年版 日本の水資源の狀況 P106 第8章 水資源に関する國際的な取組」
    http://www.mlit.go.jp/common/001177473.pdf

    グループの事業展開

    グループの事業展開

    過去グループ拠點で発生した水リスク

     フジクラグループでは、2011年、タイ王國で発生した50年に一度ともいわれる洪水により、タイ王國地區にある製造拠點が大きな被害(水害)を受けました。その後2016年に洪水からの復興宣言を果たしましたが、これを教訓に、近隣國への製造拠點の分散化や防水壁の設置などを進めています。その後、タイ國內においては、BCP活動のなかで洪水および渇水をテーマとし活動しています。また、新拠點選定に関しては、過去の洪水や標高などを十分に調査し決定しています。


    2019年度の取組み

    國內外の総取水量と水資源別取水量、使用量

     フジクラグループでは、事業活動に関する水の取水量と使用量を同數としています。
     取水について、國內では渇水の水ストレスはありませんが、洪水に対する予防処置として、法面の整備、雨水溝の増強、防潮堤の強化等を実施しています。
     2019度の水使用量は、國內は2018年度より減少、海外は微増しました。減少した理由はコロナ禍のもと生産減によるものであり、水源別では、上水?が微増、井戸水?工業用水は減少しています。


    グラフ1:総取水量

    グラフ2:水源別取水量

    國內の排水量

     2019度の國內排水量は、2018年度より減少しました。減少した理由は主に生産減によるものです。國內拠點の排水について、ほぼすべての拠點で、最終排水升での、pH、濁度、油分の自動監視を実施しています。

    グラフ3:國內の排水量

    PAGE TOP

    男女一边摸一边脱一边亲视频,日本熟妇熟色在线观看牛仔裤,把奶罩推上去直接吃奶头